本文へ移動

ブログ

失敗しない土地探し④

2019-08-01
カテゴリ:不動産ノート
「失敗しない土地探し」
第4回:気に入った土地が
      見つかったら・・・
 
重要なのは”一番手”を確保すること!
 現地を見て、気に入った土地が見つかったら、書面で申込みを入れます。申込書(買付)には、希望購入価格、契約希望日、引渡希望日、住宅ローン利用の有無などを記入し、売主(または売主の仲介業者)へ提出しますが、最も大事なのは申込の順番(番手)を確保することです。一般的には、条件の良し悪しに関わらず、申込の順番に売主と交渉しますので、一番手を確保し、まずは交渉のテーブルにつくことが大事です。そのためにも土地を見に行くときは、工務店の担当者にも同行をお願いして、様々な角度から検討し、客観的なアドバイスを受けた方が判断しやすいと思います。
 
 不動産会社は申込が入ると、他への紹介を一旦止めます。(住宅ローンを利用する場合は、予め事前審査が通っていないと受け付けてもらえない場合もあります。)できれば申し込みのタイミングで資金計画や事前審査も工務店にお願いすると良いでしょう。土地を買って家を建てる場合の住宅ローン審査では、金融機関から建物プランや見積もりを求められます。どこの建築会社で、どんな建物を建て、いくらかかるか?がポイントになりますので、工務店の協力は必要不可欠です。
 
 工務店を決める前に土地が決まっても、結局こういった手続きを、どこかの工務店に依頼することになります。その場合、仕事をしながら、短時間で工務店との打ち合わせや金融機関への手続きをしていくのは至難の業です。日頃から自分が建てたい理想の家を伝えて、いざというときに、一緒に土地を見てくれたり、プランやお見積りを出してくれるパートナーを見つけておくことが、失敗しない家づくりの秘訣と言っても良いでしょう。
【会社所在地】
有限会社和田土地建物
〒743-0021
山口県光市浅江5丁目24番5号
TEL.0120-774-718
営業時間.08:00 ~ 18:00
FAX.0833-71-2382
TOPへ戻る