本文へ移動

ブログ

失敗しない土地探し⑤

2019-09-01
カテゴリ:不動産ノート
売地_イラスト
「失敗しない土地探し」
第5回:購入申込のポイント
 
申込時に必要なことって?
 土地が仲介物件の場合は、仲介業者を通して、それぞれの顧客に広く情報を公開しています。購入申込をすることで、紹介が一旦停止され、売主との交渉のテーブルにつくことになります。
 
 売主にとっては、当然少しでも条件の良い方に売りたいという希望はありますが、業界のルールとして申込が入った順番で交渉をしていきます。
 条件が良いというのは、価格が高いことなのか、引渡のタイミングがあうことなのか、解体や測量の手間がかからないことなのか、売主によって事情は異なります。
 そこで、購入申込書には右記の項目について、希望条件を記入していきます。これらの希望条件に対して、売主からの回答がきて、折り合ったところで契約となります。
 契約は通常、申込から約一週間程度で設定されることが多いようです。契約の際には、手付金を売主に直接支払うことになります。
 手付金は売買契約後に、予め定められた期日までに住宅ローン融資が不承認となった場合には白紙解約となり、手付金は変換されます。
双方にとって白紙解約は避けたいので、購入申込をしたら、同時に住宅ローンについても事前審査を進めておくことをお勧めします。
 
 また、引渡条件として、引渡までに測量をするのかしないのか、するとしたらどちらが費用を負担するのか、測量の結果、想定した面積に誤差が生じた場合は清算するのか、など予め想定できることは、交渉の時点で洗い出しておく必要があります。
 
 さらに家を建てるためには、建築確認申請などの諸手続きが必要になりますので、引渡後、できるだけ早く工事に着手できるようスケジュールをたてておきたいものです。
【会社所在地】
有限会社和田土地建物
〒743-0021
山口県光市浅江5丁目24番5号
TEL.0120-774-718
営業時間.08:00 ~ 18:00
FAX.0833-71-2382
TOPへ戻る